真田ゆかりの上州3名城が「続日本100名城」に選定(^_^)v

4月6日の城の日に岩櫃城が「続日本100名城」に選定されました。

詳細は日本城郭協会ホームページ(http://jokaku.jp/)をご覧下さい。

今後は、公式ガイドブックを発行し、今年12月には横浜で開かれる「お城EXPO2017」で紹介展示される予定です。

日本城郭協会(東京都)は6日、全国各地の地域や時代を代表する城「続日本100名城」を発表した群馬県からは沼田城(沼田市)、名胡桃なぐるみ城(みなかみ町)、岩櫃城(東吾妻町)が名城入りを果たしました。
昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」で脚光を浴びた真田氏ゆかりの3つの城です。

同協会は群馬県の3城について、「いずれも歴史の表舞台に登場した名城」と評価していただきました。

選定理由は、下記のとおりです。
沼田城は戦国武将が争奪戦を繰り広げた北関東の要衝で「河岸段丘を利用した堅固な守りの優れた城」
名胡桃城は豊臣秀吉の天下統一のきっかけとなった城で「歴史の転換点をつくった」
岩櫃城は「滅亡直前の武田勝頼を迎えようとすることで、歴史に名を残した」

また、岩櫃城の入り口、平沢登山口には観光案内所もオ-プンしました。

ご来場の祭には是非お寄り下さい。

開所期間:平成29年4月1日~11月30日(予定)

開所時間:午前9時~午後4時

DSC_0947

DSC_0108

DSC_1650

thumbnail of 続100名城